• 23-JAN-2018

セルジオ・ガルシアとザンダー・シャウフェレの2選手とアパレル・フットウェア契約延長、新規でティレル・ハットンとアパレル・フットウェア契約を締結し、契約選手勢を強化

"adidas golf" TOP
アディダスゴルフは、2017年のマスターズチャンピオンであるセルジオ・ガルシアと、2017年ルーキー・オブ・ザ・イヤー及び同年のツアーチャンピオンシップの優勝者である、ザンダー・シャウフェレとアパレル・フットウェア契約を延長すると同時に、2018年からヨーロッパツアー3勝のティレル・ハットンと新規アパレル・フットウェア契約を締約し、ゴルフ部門の契約選手勢の強化をしました。上記の3選手に加えて、引き続きアディダスゴルフが契約する世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、世界ランク3位及びヨーロッパツアールーキー・オブ・ザ・イヤーのジョン・ラームと世界ランク6位のジャスティン・ローズらを筆頭に、錚々たる選手勢がアディダスゴルフのアパレル・シューズを着用し、世界を舞台に戦います。(ゴルフ世界ランキングは2018年1月14日時点)

1999年のマスターズトーナメントでローアマチュアに輝き、その直後にプロ転向をした時から、アディダスブランドの一員としてアパレルとフットウェアを着用し、共にプロ人生を歩んできたセルジオ・ガルシア。今回は彼との、ヘッドウェアを含むアパレル・フットウェア契約を複数年延長しました。2017年シーズンは通算3勝と、彼自身の初のメジャータイトルを獲得。今年のマスターズトーナメントは、ディフェンディングチャンピオンとして優勝すれば大会史上4人目となる連覇を目指し、4月のオーガスタに挑みます。現在世界ランキング10位のガルシアの2018年は、シンガポールで開催されるSMBCシンガポールオープンが初戦となっています。「私にとってアディダスブランドは、ゴルフのオン・オフに関係なく、人生の一部であります。1999年にアディダスと契約し、長きに渡り、このすばらしい関係を今回継続することにとてもうれしく思っています。」とセルジオ・ガルシアは語っています。

2017年は2勝をマークし、見事ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、世界ランク26位のザンダー・シャウフェレも、ヘッドウェアを含むアパレル・フットウェア着用の複数年契約更新をしました。PGAツアーで、アディダスロゴのヘッドウェアを着用するのはザンダーとセルジオの2名のみとなります。シャウフェレは、2017年の成績からすると、2018年のライダーカップのアメリカチーム代表として有力な候補選手でありツアーの期待の若手です。

「私はドイツ家系なので、スポーツ全般に対する関心が高く、アディダスは常につながりのあるブランドでした。加えて、プロ転向の2015年以来から3-ストライプを身に着けてツアーを戦ってきたので、このパートナーシップが継続することがとてもうれしいです。」とザンダー・シャウフェレは語っています。

2018年からアディダスゴルフの新契約選手となるのが、ヨーロッパツアーの期待の新星であるティレル・ハットンです。すでに、ヨーロッパツアーの直近2シーズンで3勝をマークし、世界ランクは現在17位で、彼も2018年のライダーカップのヨーロッパチーム代表の有力候補選手です。アパレルとフットウェア着用の複数年契約で、2018年アブダビHSBCチャンピオンシップから3-ストライプを着用しています。

「この時期にアディダスチームの一員となれることに感激しています。ゴルフ市場のブランドリーダーと言っても過言でないアディダスと共に前進していくことにわくわくしています。」 とティレル・ハットンは語っています。

上記の、選手新規契約、及び契約更新はアディダスゴルフにとっての新しいスタートでもあります。全てのゴルファーに高性能なアパレルとフットウェアを提供し、さらに世界中のトッププレーヤーのパフォーマンスを支えるブランドとして邁進していきます。

アディダスゴルフのグローバル責任者であるジェフ・ラインハートは、次のように語っています。「世界のトップゴルファーたちに、私たちの製品を使用してもらい、お互いプロフェッショナルな関係を築ける事はブランドにとって大変な価値があると思います。アディダスで契約している選手たちは、常に実戦での成績を収めるだけではなく、アディダスというブランドとそのカルチャーにもフィットする選手たちです。契約している、ダスティン・ジョンソン、セルジオ・ガルシア、ジャスティン・ローズとティレル・ハットン、そして、2017年度のPGAとヨーロッパそれぞれのツアーでルーキー・オブ・ザ・イヤーとなったザンダー・シャウフェレやジョン・ラームのような若い選手達と共に製品を作り、成長していけることはすばらしいことです。」