• 06-JAN-2017

ADIDAS TRAINING ZONE 〜夢中に、敵うものなんてない。〜 1月7日(土)10:00より募集開始

"ADIDAS TRAINING ZONE" TOP
「やらなきゃ」から「やりたい」に変わる6種類のプログラムが楽しめる
ADIDAS TRAINING ZONE
〜夢中に、敵うものなんてない。〜
1月7日(土)10:00より募集開始
応募期間: 1月7日(土)〜1月27日(金) イベント:2月11日(土)・12日(日)
アディダス ジャパンは、2017年2月11日(土)と12日(日)の2日間、「やらなきゃ」から「やりたい」に変わる、6種類の最新トレーニングプログラムが一度に楽しめるイベント「ADIDAS TRAINING ZONE」を東京タワーにて開催いたします。
アディダストレーニングは、2017年春夏シーズンより、「NEVER DONE ~夢中に、敵うものなんてない。~」を メッセージに掲げ生まれ変わり、進化を遂げます。トレーニングに励んできた、またはこれから挑戦していく人々に、これまでのトレーニングに対して、「やらなきゃ」という意識を「やりたい」という思いに変える、新常識を打ち出してまいります。
アディダスは、トレーニングを2つの定義で分類しています。一つ目は、ヨガ、キックボクシングなど、トレーニング自体を一つのスポーツカテゴリーとして定義する「Training as sports」。二つ目は、フットボール、ベースボールなど、様々な競技スポーツのために基礎となるカラダ作りを目的とする「Training for sports」。アディダスは、マルチスポーツブランドとして、すべてのアスリートが夢中になるトレーニングシーンをサポートしています。
2016年は、新感覚のフィットネススタジオが相次いでオープンし、「腹筋女子」というワードが流行になるなど、トレーニングを行う文化が根付きはじめた年でした。一方で、アディダスが2016年12月に実施したトレーニングに関する意識調査(※1)からは、「運動、スポーツを行う上で困っていることがある」と7割以上(74.0%)が回答。さらにその中でも、「適切な身体づくりができなくて困っている」、「似たような環境の人がいないため、モチベーションが上がらず困っている」など、運動、スポーツのやり方に悩みを抱えている人が4割以上(43.5%)いることが明らかになりました。このようにトレーニングに悩みを持っている人々を救い出し、人々のトレーニングシーンをサポートすることで、トレーニングに夢中になる楽しさに気づいてもらう活動を行っていきます。
この活動の一環として、今回の「ADIDAS TRAINING ZONE」を実施します。専門分野のトレーナーによって行われるFEELCYCLE、FUNCTIONAL TRAINING、GYM&RUN、KICK BOXING、SHINDO、YOGAの6種類の最新プログラムから、自分の好きなものを選んで受けてもらうことができます。会場では、アディダスの最新トレーニングウェアをレンタルしてプログラムを受けることが可能です。(※数に限りがございます。)また、イベント参加者は、ご自身のカラダやトレーニングの悩みについて、アディダストレーニングアカデミーの資格を持つトレーナーに相談することができます。プログラムへの参加を通じて、適切な身体の使い方を習得し、トレーニングをすることの大切さや楽しさに気づき、トレーニングに「夢中になる」瞬間を味わってもらうことを目的としています。